2016年08月18日

奈良県生駒市で部活中の中学生が熱中症で死亡

16日午前奈良県生駒市の市立大瀬中学校で、グラウンドでハンドボール部の練習をしていた1年生の男子生徒が熱中症で倒れ、病院に救急搬送後、17日未明に死亡したというニュースが出ていました。

搬送時から意識不明と思っていましたが、意識はあったそうなので、意識があっても注意が必要と言うことなのでしょうね。

奈良県なので気温はそこそこ高かったのではないでしょうか。

調べてみるとここ最近は高い時で34、5℃ほどあったようです。

しかし午前なので30℃ほどだったようです。


日陰がないだろうところでそこで運動をするというのはかなり過酷でしょうね。

普通に歩いていても暑くて倒れそうになりますし、室内で太陽の下ではないところで運動をしてもかなりきついですし、ハンドボールと言うコートの中を走り回るスポーツはかなりきついのではないかと思います。

気温3℃の違いでもずいぶん違いますし、一日でも猛暑での体の負担と言うのはあとにも残っていく感じはするので、西日本の猛暑の長さを考えればかなり体は衰弱していたのではないかと言う気もしますが。

将来スポーツで生きていこうと思うならまだしも、部活としてだけやっているのであればそれで命を落とすというのも何とも言えないですね。

スポーツが絶対必要と思う人もいれば、それほど必要ではないという人もいますし部活も本格的に行う人と、ほどほどに活動できるという部活などいろいろなものがあればいいと思いますが。

もっと暑いらしい熊谷市とか館林市とか、多治見市とかはどう対応しているのか気になりました。


posted by とぴっぴん at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 体のことの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176517627
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック