2011年04月23日

楽天ゴールデンイーグルス首位から転落2011年4月パリーグ

楽天ゴールデンイーグルスは雰囲気としては東北のために優勝、日本シリーズに進出しなくてはならないものがあるでしょうか。

しかし首位から連敗し3位となってしまいました。

中日ドラゴンズ時代には厳しく怖い監督として知られ、阪神タイガース時代には選手はおとなしく真面目だから萎縮させてはいけないとあまり怒りは出さなかったようですね。

楽天の場合にはどうなのでしょうかね。

野村克也さん時代にはビクビクした雰囲気もあったとも言われていますが。

ブラウン監督時代にはあまり言われない環境だったそうです。

最近は星野仙一監督もイライラや怒りを見せたり、呆れた表情を見せることが増えています。




石田純一と東尾理子のプロポーズ


posted by とぴっぴん at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44506886
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック